ワンポイントアドバイス

一富士、二鷹、三茄子

新年によく聞く言葉です。

  ブラタモリでも取り上げられていましたね。

初夢に見ると縁起が良いものとして

 「一富士、二鷹、三茄子」
 (いちふじ、にたか、さんなすび)

が知られています。
なぜ「一富士、二鷹、三茄子」が縁起が良いとさせるのでしょうか

「徳川家康の地、駿河国のことわざで、駿河の名物を順に挙げた」とする説、
「駿河国の値段の高いものを順に挙げた」とする説、
「富士は高く大きく、鷹はつかみ取る、茄子は事を成すに通じて縁起が良い」とする説など、
その由来には様々な説があるようです。

こうした縁起の良い夢を見るためにも、就寝する際の心の持ちようについてかんがえてみましょう。

 お勧めは 心の後始末 。

  今日一日の出来事で 良かったことを思いだす
  明日の楽しみを想像する

など、穏やかな心持で体をゆっくりと休ませてみては如何でしょうか。

 良い夢見につながるかもしれません。

関連記事一覧

PAGE TOP