ワンポイントアドバイス

見えないつながり

「結婚相手は、生まれた時から赤い糸で結ばれている」と言われます。

 Mさんは、何度か縁談を持ちかけられました。
しかし、理想を求めすぎたために、意に沿う相手が見つかりません。
そんな中、お見合い話がありました。

 この縁を大切にしたいと思ったMさんは、
見合い相手に会う前から(この人と結婚しよう)と心に決まました。
ある日、急遽その女性と合うことになり、出張先から飛行機に乗り込みました。

 <何かプレゼントをしたい>と思いめぐらしていた時に、
機内販売のネックレスが目に留まり、購入したのです。
そして食事の席で、そのネックレスを女性に渡しました。
すると、女性は、声を上げて驚いたのです。

 「どうしたのですか?」と尋ねると、
「私が欲しいと思って、二週間前にメモしておいた物です」と言うのです。
二人の心が通い合った瞬間でした。

 偶然の重なりかもしれませんが、「これがご縁」と、とんとん拍子に結婚した二人。
<見えない世界でつながっている>と、M夫妻は実感しています。

ご縁を大切にしましょう

                         『職場の教養 5月号』(一社)倫理研究所 より

関連記事一覧

PAGE TOP